このページのURL

この文献を取り寄せる

<図書>
中世の権力と民衆 / 日本史研究会史料研究部会編
チュウセイ ノ ケンリョク ト ミンシュウ
(創元学術双書)

出版者 大阪 : 創元社
出版年 1970.6
大きさ 3, 528p : 挿図 ; 22cm
本文言語 日本語
書誌ID 2003127372
NCID BN01880277 WCLINK

所蔵情報を非表示

総合図-A棟3階 学習用図書
210.4||CHU 07803035505



総合図-書庫棟 研究用図書
210.4||NIH 07117021506



総合図-書庫棟 研究用図書
210.4||NIP 07115019981



外国図1階書庫一般
210.4||26 90001186692



外国図1階書庫一般
210.4||26 90001223396
5F

書誌詳細を非表示

一般注記 内容:権力の構造 国衙軍制の形成過程-武士発生史検討の一視点(戸田芳実) 諸国申請雑事-摂関期朝廷と地方行政(谷口昭) 地頭の基本的性格-その反体制性について(中村一紀) 東寺領上桂庄における領主権確立過程について-伝領とその相論(源城政好) 荘園図の歴史的性格(難波田徹) 散所ーその後の考説(林屋辰三郎) 権力と抵抗 中世村落と庄家の一揆-播磨国矢野庄の場合(上島有) 徳政一揆に関する一考察(田端泰子) 東山山荘の造営とその背景(黒川直則) 室町幕府崩壊過程における山城国一揆(柳千鶴) 荘園村落における惣有田についてー近江国得珍保を中心に(丸山幸彦) 室町時代の京都における町屋支配について-中世民衆思想史への試みとして(横井清)
守護城下の盛衰-美濃国革手について(松山宏) 民衆と文化 猿楽能の形成-翁猿楽の発展(植木行宣) 中世的「勧進」の形成過程(中ノ堂一信) 東大寺鎮守八幡宮手掻会について(和田義昭) 東寺領八条院町の構造と生活(川島将生) 芸能史における「近世」の萌芽ー芸能の商品化と芸能市場をめぐって(守屋毅)
著者標目 日本史研究会史料研究部会 <ニホンシ ケンキュウカイ シリョウ ケンキュウ ブカイ>
件 名 NDLSH:日本 -- 歴史 -- 中世  この組合せで検索
分 類 NDC6:210.4
NDC8:210.4
NDLC:GB211
巻冊次 PRICE:3500円