CiNiiで詳細を確認

このページのURL

この文献を取り寄せる

<図書>
軍記物語の生成と表現 / 山下宏明編
グンキ モノガタリ ノ セイセイ ト ヒョウゲン
(研究叢書 ; 166)

出版者 大阪 : 和泉書院
出版年 1995.3
大きさ 345p ; 22cm
本文言語 日本語
書誌ID 2003122104
NCID BN12568305 WCLINK

所蔵情報を非表示

総合図-書庫棟 研究用図書
913.43||YAM 10500274054

4870887207

書誌詳細を非表示

内容注記 中国中世小説への視座 : 語ることと書くことと / 村上學[著]
軍記物語の武装表現(序) / 服部幸造[著]
合戦の機構 : 『源平盛衰記』と『太平記』との間 / 今井正之助[著]
岡崎本『保元物語』考 / 原水民樹[著]
平治物語「源家後日譚」考 : 常葉譚の継承と頼朝報恩報復譚をめぐって / 安藤淑江[著]
『平家物語』にとって頼朝とは何か : 「頼朝の物語」の<価値>と<表現> / 高木信[著]
平家物語における摂関家の構図 : 生成平家物語試論 / 武久堅[著]
壇ノ浦覚書 : 「雲上ノ龍降テ海底ノ鱗ト成給」考 / 生形貴重[著]
滅びに至る一つの脈絡 : 延慶本の阿波民部と知盛をとおして / 小林美和[著]
延慶本『平家物語』と真言祖師伝 : 伝持八祖の順について / 牧野和夫[著]
武勇譚の表現 : 頼政と忠盛をめぐって / 高山利弘[著]
『平家物語』における西国合戦譚について : 一谷合戦を中心として / 早川厚一[著]
屋代本と覚一本の間 : 巻十二の史実性をめぐって / 松尾葦江[著]
江戸幕府草創期の『源平盛衰記』 / 榊原千鶴[著]
右田毛利家本平家物語巻八の本文とその志向 : 岡山大学小野文庫本との関係に触れて / 弓削繁[著]
京師本『平家物語』の位置 : 一方流伝本研究の一視点 / 佐伯真一[著]
『太平記』の表現構造 : 大塔宮の熊野落ちと吉野合戦を巡って / 中西達治[著]
『太平記』の構想と歴史叙述 : 「主上還幸」から「先帝重祚」へ / 大森北義[著]
児島高徳と『太平記』 / 長坂成行[著]
五郎と頼朝 : 仮名本曾我物語の構造 / 谷垣伊太雄[著]
軍記物語研究の動向と平家物語論の行方 / 山下宏明[著]
著者標目 山下, 宏明(1931-) 編 <ヤマシタ, ヒロアキ>
件 名 NDLSH:平家物語
NDLSH:平治物語
NDLSH:太平記
NDLSH:軍記物語
分 類 NDC8:801.6
NDC8:913.43
NDLC:KE81
NDLC:KG733
巻冊次 ISBN:4870887207