このページのURL

この文献を取り寄せる

<図書>
ブレヒト : 叙事詩的演劇の発展 / 奥田賢[ほか]編
ブレヒト : ジョジシテキ エンゲキ ノ ハッテン
(ドイツ文学研究叢書 ; 5)

出版者 豊中 : クヴェレ会
出版年 1980.4
大きさ 375p ; 19cm
本文言語 日本語
書誌ID 2003165427
NCID BN01416779 WCLINK

所蔵情報を非表示

総合図-A棟4階 学習用図書
940.7||DOI||5 08103021005



総合図-A棟4階 学習用図書
940.7||DOI||5 08103021013



総合図-A棟4階 学習用図書
940.7||DOI||5 08103039346



書誌詳細を非表示

一般注記 内容:『バール』論ーバール像とブレヒト 南守夫著. 叙事詩的演劇の成立過程における『三文オペラ』の意義と限界 森川進一郎著. 『イエスマン』、『ノーマン』などーブレヒト教育劇における「日本戯曲改作物」 丸本隆著. 教育劇から『母』へ 市川明著. 『ガリレイの生涯』ーその構造の力学 吉安光徳著. 『肝っ玉おっかあとその子供たち』ー肝っ玉おっかあ像の解釈を中心として 岩本忠夫著. 『主人プンティラと従僕マッティ』について 木村英二著. 『アルトゥロ・ウイのおさえることのできる興隆』についてー喜劇になりきれない喜劇 山口泰代著. 『第二次大戦中のシュヴェイク』ーナチズムと民衆 松本ヒロ子著. 『コーカサスの白墨の輪』ーその構造をめぐって 三上雅子著. 諷刺劇としての『トゥーランドット姫または潔白証明者会議』 八木浩著. 改作『家庭教師』ー「ドイツの悲惨」の部分としての自己去勢 奥田賢著. 略年表:p359〜364
著者標目 奥田, 賢 <オクダ, マサル>
八木, 浩(1927-1986) <ヤギ, ヒロシ>
吉安, 光徳(1930-) <ヨシヤス, ミツノリ>
件 名 NDLSH:Brecht,Bertolt(1898〜1956)
分 類 NDC8:940.28
NDLC:KS350