CiNiiで詳細を確認

このページのURL

この文献を取り寄せる

<図書>
日本において都市社会学はどう形成されてきたか : 社会調査史で読み解く学問の誕生 / 松尾浩一郎著
ニホン ニオイテ トシ シャカイガク ワ ドウ ケイセイ サレテ キタカ : シャカイ チョウサシ デ ヨミトク ガクモン ノ タンジョウ
(MINERVA社会学叢書 ; 48)

出版者 京都 : ミネルヴァ書房
出版年 2015.4
大きさ xiii, 396p : 挿図, 地図 ; 22cm
本文言語 日本語
書誌ID 2004379571
NCID BB18380310 WCLINK

所蔵情報を非表示

総合図-A棟3階 学習用図書
361.78||MAT 10302085260

9784623072835

書誌詳細を非表示

別書名 異なりアクセスタイトル:日本において都市社会学はどう形成されてきたか
一般注記 引用文献: p347-385
著者標目 松尾, 浩一郎(1972-) <マツオ, コウイチロウ>
件 名 BSH:都市社会学 -- 歴史  この組合せで検索
BSH:社会調査 -- 歴史  この組合せで検索
NDLSH:都市社会学 -- 歴史  この組合せで検索
NDLSH:社会調査 -- 日本 -- 歴史 -- 明治以後  この組合せで検索
分 類 NDC8:361.78
NDC9:361.78
巻冊次 ISBN:9784623072835 ; PRICE:7000円+税