このページのURL

この文献を取り寄せる

<図書>
現代日本の法思想 : 福島正夫先生還暦記念 / 渡辺洋三, 利谷信義編
ゲンダイ ニホン ノ ホウ シソウ : フクシマ マサオ センセイ カンレキ キネン

出版者 東京 : 日本評論社
出版年 1972.4
大きさ 3, 438, 12p : 肖像 ; 22cm
本文言語 日本語
書誌ID 2003169320
NCID BN0110071X WCLINK

所蔵情報を非表示

総合図-A棟3階 学習用図書
321.21||GEN 07203068791



総合図-A棟3階 学習用図書
321.21||GEN 07303004381



総合図-書庫棟 研究用図書
321.1||GEN 07215031050



総合図-書庫棟 研究用図書
321.21||GEN 07215007522



総合図-書庫棟 研究用図書
321.21||GEN 07215007894



総合図-書庫棟 研究用図書
321.21||GEN 07215014494



総合図-書庫棟 研究用図書
321.21||GEN 07258053516



総合図-書庫棟 研究用図書
321.21||GEN 07415008015



法資
321.21||GEN 07715036476



書誌詳細を非表示

一般注記 内容:憲法の解釈者の立場ー憲法解釈学批判(長谷川正安) 大学自治の理念構造ー大学運営臨時措置法との関連において(高柳信一) 公害判例の現代的課題ー富山イタイイタイ病判決と新潟水俣病判決の検討を通じて(清水誠) 現代家族法理論の一考察ーいわゆる「私的保護法の理論」を中心として(利谷信義) 独占禁止法をめぐる思想の対立(富山康吉) 社会保障をめぐる論理の拮抗ー支配の側の対応のしかたを中心に(小川政亮) 現代日本の労働法思想の基点と現状(宮島尚史) 民事訴訟における職権主義に対する史的一考察(江藤价泰) 戦後の刑事手続における当事者主義思想の展開(横山晃一郎) 現代日本の法思想(渡辺洋三等) 現代刑法の思想(吉川経夫等)
現代私法の思想(1)ー入会権をめぐって(潮見俊隆等) 現代私法の思想(2)ー家族と家族法をめぐって(利谷信義等) 現代司法の思想(潮見俊隆等) 福島正夫先生略歴・業績目録
著者標目 渡辺, 洋三(1921-) <ワタナベ, ヨウゾウ>
利谷, 信義(1932-) <トシタニ, ノブヨシ>
福島, 正夫(1906-1989) <フクシマ, マサオ>
件 名 NDLSH:法律学 -- 歴史  この組合せで検索
FREE:福島, 正夫
分 類 NDC6:321.21
NDC8:321.21
NDLC:AZ-121
巻冊次 PRICE:2900円