CiNiiで詳細を確認

このページのURL

この文献を取り寄せる

<図書>
宗教民俗論の展開と課題 / 伊藤唯真編
シュウキョウ ミンゾクロン ノ テンカイ ト カダイ

出版者 京都 : 法藏館
出版年 2002.10
大きさ xv, 501p ; 22cm
本文言語 日本語
書誌ID 2003551306
NCID BA5941496X WCLINK

所蔵情報を非表示

総合図-書庫棟 研究用図書
387||ITO 10501451818

4831862177

書誌詳細を非表示

内容注記 近世和州村落寺院の仏教行事 : 坂合部郷念仏寺の修正会について / 豊島修著
頭役制祭祀儀礼の民俗誌的研究 : 竹生島宝厳寺蓮華会の頭役差定を事例として / 橋本章著
オコナイにみる荘厳 : 西日本の年頭行事にみるお鏡飾りを中心に / 中島誠一著
奈良県の宮座研究の覚書き : 宮座の祭礼と寺院との関係 / 浦西勉著
西播磨の当屋祭祀 : 宍粟郡山崎町川戸を事例として / 八木透著
民俗誌的視点からみた宮座 : 京都市左京区花背八桝のミヤザシキの場合 / 政岡伸洋著
沖縄の御嶽草創由来にみる精霊信仰 / 赤田光男著
霊水と薬師信仰 : 冷水と温水を中心に / 大森惠子著
白山平泉寺にみる虚空蔵信仰 : 越前における白山信仰圏との関係 / 中村雅俊著
神社境内に掛けられる勧請縄 : 近世日吉社の事例を中心として / 和田光生著
三河万歳の「場」と「芸」 / 斎藤卓志著
中山寺の観音信仰の広がり : 西宮市上鳴尾町にある観音寺の本尊を中心として / 井阪康二著
樹木葬と二十一世紀の葬墓の行方 / 藤井正雄著
小野篁と地蔵信仰と閻魔王宮 / 田中久夫著
死体の民俗誌 : 腐る死体と霊魂 / 野沢謙治著
複檀家制の社会背景と展開 : 近世越後における檀論と法令 / 森本一彦著
真宗門徒の葬送儀礼 : 墓上植樹との関連から / 本林靖久著
社地と聖地 / 上井久義著
「貴船のささ神輿」考 / 山路興造著
「見る」から「花見」へ / 鳥越皓之著
天社神道廃止令と土御門家配下の動向 / 林淳著
盆行事の贈与交換 / 佐々木康人著
炭鉱労働と宗教的伝承 : 危険労働にかかわる俗信・信仰を中心に / 若林良和著
竹田聴洲の民俗学とその思想的背景 / 岸田史生著
一般注記 付: 参考文献
著者標目 伊藤, 唯真(1931-) <イトウ, ユイシン>
件 名 NDLSH:民間信仰
NDLSH:宗教民俗学
NDLSH:日本 -- 宗教  この組合せで検索
BSH:民間信仰
BSH:仏教 -- 日本  この組合せで検索
BSH:神道
分 類 NDC8:387
NDC9:387
巻冊次 ISBN:4831862177 ; PRICE:12000円(税別)