CiNiiで詳細を確認

このページのURL

この文献を取り寄せる

<図書>
明治文学 : ことばの位相 / 十川信介著
メイジ ブンガク : コトバ ノ イソウ

出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2004.4
大きさ vii, 390p ; 20cm
本文言語 日本語
書誌ID 2003590590
NCID BA66952032 WCLINK

所蔵情報を非表示

総合図-書庫棟 研究用図書
910.261||TOG 10501612674

400002261X

書誌詳細を非表示

内容注記 『浮雲』の時代
『浮雲』のことば
明治二十二年の紅葉
太田豊太郎の憂鬱 : うしろめたさについて
石橋忍月の位置 : 「想実論」をめぐって
嵯峨の屋の空白
批評家正直正太夫
緑雨醒客の出発
緑雨と鴎外 : 鴎外宛の書簡から
一葉のことば
『若菜集』と近世歌謡 : 「純粋なる日本想」をめぐって
食卓の風景 : 明治四十年代
『彼岸過迄』の通話
活字と肉筆のあいだ : 『心』の「原稿」から
「原稿」で読む『道草』
地名のない街 : 『明暗』断章
漱石と如是閑の交錯 : <ひとりもの>の論理
漱石と中勘助 : 過去の意味
漱石のことば
著者標目 十川, 信介(1936-) <トガワ, シンスケ>
件 名 BSH:日本文学 -- 歴史 -- 明治時代  この組合せで検索
BSH:夏目, 漱石
BSH:斎藤, 緑雨
BSH:森, 鴎外
BSH:尾崎, 紅葉
BSH:樋口, 一葉
BSH:中, 勘助
分 類 NDC8:910.26
NDC9:910.261
巻冊次 ISBN:400002261X ; PRICE:4600円+税