このページのURL

この文献を取り寄せる

<図書>
現代政党論 / E.アラルト,J.リッツネン編 ; 宮沢健訳
ゲンダイ セイトウロン

出版者 東京 : 而立書房
出版年 1973
大きさ 326p ; 20cm
本文言語 日本語
書誌ID 2003612363
NCID BN01937884 WCLINK

所蔵情報を非表示

総合図-書庫棟 研究用図書
315||GEN 07458038986



外国図1階書庫一般
315||92 90001682302



書誌詳細を非表示

別書名 原タイトル:Cleavages,ideologies and party systems
一般注記 内容:イデオロギー終焉後の政党政治(マーク・アブラハム) 政治的イデオロギーと社会的発展(ラドミール・D.ルキック) 社会的抑制とイデオロギー的多元性(イルジョー・リッツネン) 連帯性と正統性の葛藤に関する理論(エリック・アラルト) フィンランド政治における階級対立の型と労働階級の意識(エリック・アラルト) サハラ以南のアフリカにおける政党制度の社会的機能(ジイモン・コダック) 《一党》制ー比較研究のためのその概念と問題(ジェルジィ・J.ウィアトル) 権威主義的政治体制ースペイン(ジュアン・J.リンツ) 多数決と代議制(ウォーレン・E.ミラー) イギリス保守党による大衆組織の採用(ジェームス・コンフォード)
著者標目 Allardt, Erik, 1925-
Littunen, Yrjö
宮沢, 健(1935-) <ミヤザワ, ケン>
件 名 NDLSH:政党
分 類 NDC6:315
NDC8:315
NDLC:A56
巻冊次 PRICE:1300円