CiNiiで詳細を確認

このページのURL

この文献を取り寄せる

<図書>
物と眼 : 明治文学論集 / ジャン=ジャック・オリガス著
モノ ト メ : メイジ ブンガク ロンシュウ

出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2003.9
大きさ vii, 239p ; 19cm
本文言語 日本語
書誌ID 2003618770
NCID BA63720380 WCLINK

所蔵情報を非表示

総合図-A棟4階 学習用図書
910.261||ORI 10301051529

4000252941
外国図-4階開架
910.26||260 90005300406

4000252941

書誌詳細を非表示

内容注記 物と眼 : 若き鴎外の文体について
「蜘蛛手」の街 : 漱石初期作品の一断面
夜の中の数字 : 小説に現われた科学研究の場とその作業の描写
「寫す」ということ : 近代文学の成立と小説論
写生の味 : 子規と日本美術の伝統意識
遠いものと近いものと : 正岡子規の現実意識
時間の解体、時間の結晶 : 『自然と人生』に関する考察
フランスにおける日本語教育概観
同志の人ジャン=ジャック・オリガスを偲ぶ : 「あとがき」にかえて / 芳賀徹著
一般注記 参考文献あり
著者標目 *Origas, Jean-Jacques, 1937-2003
件 名 NDLSH:日本文学 -- 歴史 -- 明治時代  この組合せで検索
分 類 NDC9:910.261
巻冊次 ISBN:4000252941 ; PRICE:2400円