CiNiiで詳細を確認

このページのURL

この文献を取り寄せる

<図書>
ロマネスクの透明度 : 近・現代作家論集 / 高橋英夫著
ロマネスク ノ トウメイド : キン ゲンダイ サッカ ロンシュウ
(季刊文科コレクション)

出版者 東京 : 鳥影社
出版年 2006.5
大きさ 253p ; 20cm
本文言語 日本語
書誌ID 2003705121
NCID BA7710483X WCLINK

所蔵情報を非表示

総合図-A棟4階 学習用図書
910.26||TAK 10301178611

4886299849
外国図1階書庫一般
910.26||293 90005588711
5F 4886299849

書誌詳細を非表示

別書名 異なりアクセスタイトル:ロマネスクの透明度 : 近現代作家論集
内容注記 曲舞としての「白洲西行」 : 白洲正子
崩れと形 : 幸田文
「女の一生」の志 : 大原富枝
完成と無限のあいだ : 芝木好子
さい果てから「事実」へむかって : 津村節子
小さな魂の小さな怪談 : 小泉八雲
文学者と志 : 二葉亭四迷
思想に勝ち、時代に敗れる : 徳田秋聲
二転三転の到達点 : 正宗白鳥
「永遠の退屈」 : 川端康成
和泉式部伝説の遠近法 : 舟橋聖一
ロマネスクの透明度 : 島村利正
芭蕉論を語る「芭蕉」 : 森敦
風狂とアウトロウ : 青山光二
愛よ永遠に : 青山光二
小説作法からみた『深い河』 : 遠藤周作
共振する大家族群 : 安岡章太郎
聴覚と視覚 : 清岡卓行
声と化した「花」 : 辻邦生
トップランナーの孤独と幻想 : 黒井千次
文学は致命のわざ : 田久保英夫
賭けについて : 大岡昇平
奥の院としての『時間』 : 吉田健一
著者標目 高橋, 英夫(1930-) <タカハシ, ヒデオ>
件 名 BSH:日本文学 -- 作家  この組合せで検索
分 類 NDC8:910.26
NDC9:910.26
巻冊次 ISBN:4886299849 ; PRICE:1900円+税