このページのURL

この文献を取り寄せる

<図書>
マルクス主義経済学の擁護 : 宇野弘蔵氏の学説の検討 / 見田石介 [ほか] 編著
マルクス シュギ ケイザイガク ノ ヨウゴ : ウノ コウゾウ シ ノ ガクセツ ノ ケントウ

出版者 東京 : 新日本出版社
出版年 1971.12
大きさ ii, 331p ; 20cm
本文言語 日本語
書誌ID 2003864049
NCID BN00521213 WCLINK

所蔵情報を非表示

外国図書庫(移転準備中)
331.34||38 90001354555



書誌詳細を非表示

一般注記 内容: 宇野弘蔵氏の学説の基本的性格(見田石介), 史的唯物論と経済学(秋間実), 理論と実践の関連(梅川勉), いわゆる三分化説の一批判(吉村達次), いわゆる「原理論」批判-資本主義の超階級化・超歴史化(林直道), 付論「恐慌論」批判-資本蓄積の矛盾の賃金騰貴=利潤減少へのすりかえ(林直道), 「貨幣の資本への転化」論批判-「矛盾」の解決に失敗した似而非弁証法(平野喜一郎), 経済政策の史的考察にすぎない『経済政策論』(横山正彦), 「独占」のない帝国主義論(本間要一郎), 討論 宇野説の社会的基盤(見田石介〔等〕)
著者標目 見田, 石介(1906-1975) <ミタ, セキスケ>
件 名 NDLSH:経済学 -- 社会主義学派  この組合せで検索
分 類 NDC6:331.34
NDLC:DA24
巻冊次 PRICE:950円