このページのURL

この文献を取り寄せる

<図書>
論集カミとほとけ : 宗教文化とその歴史的基盤 / GBS実行委員会編集
ロンシュウ カミ ト ホトケ : シュウキョウ ブンカ ト ソノ レキシテキ キバン
(ザ・グレイトブッダ・シンポジウム論集 ; 第3号)

出版者 奈良 : 東大寺
出版者 京都 : 法藏館 (発売)
出版年 2005.12
大きさ 111, 33p ; 30cm
本文言語 日本語
書誌ID 2004133514
NCID BA74998403 WCLINK

所蔵情報を非表示

総合図-A棟5階 研究用図書
188.3||THE||3 10502156077



書誌詳細を非表示

別書名 その他のタイトル:The Gods and Buddhas : religious culture and its history : papers from the Great Buddha symposium no.3
異なりアクセスタイトル:カミとほとけ : 宗教文化とその歴史的基盤 : 論集
一般注記 「ザ・グレイトブッダ・シンポジウム 第3回」(平成16年12月18日-19日)開催の報告をもとにした書き下ろし論文と討論の記録
発表者一覧: 巻末p7
英文要旨あり
内容: 神像成立に関わる一考察 : 古代日本の八幡神 (長岡龍作著), 仙人と「現人之神」 : 吉備塚古墳出土三累環頭大刀刀身象嵌文様の紹介を兼ねて (山岸公基著), 聖徳太子の忿怒相と八幡神 (藤岡穰著), 大仏造立と日本の神観念 : 神仏習合の多重性を探る (三橋正著), 神身離脱と悔過儀礼 (上川通夫著), 神と仏の邂逅の場 : 山林での仏道修行 (和田萃著), 上川通夫報告へのコメント (堀裕著), ほとけたちの誕生 : 異宗教(カミ)の受容と展開 (宮治昭述), 初唐造形の思想的背景にある「カミとほとけ」についての試論 (久野美樹著), 河野訓「古代日本人の霊魂観」へのコメント (吉津宜英著), 古代日本人の霊魂観 (河野訓著), ボロブドゥール寺院と仏教曼荼羅 (ティンブル・ハリョノ述)
著者標目 GBS実行委員会 <GBS ジッコウ イインカイ>
東大寺 <トウダイジ>
件 名 BSH:仏教 -- 日本  この組合せで検索
分 類 NDC8:182.1
巻冊次 PRICE:2000円+税