CiNiiで詳細を確認

このページのURL

この文献を取り寄せる

<図書>
民法学における古典と革新 : 藤岡康宏先生古稀記念論文集 / 松久三四彦 [ほか] 編集委員
ミンポウガク ニオケル コテン ト カクシン : フジオカ ヤスヒロ センセイ コキ キネン ロンブンシュウ

出版者 東京 : 成文堂
出版年 2011.12
大きさ v, 591p, 図版 [1] 枚 ; 22cm
本文言語 日本語
書誌ID 2004223041
NCID BB08059256 WCLINK

所蔵情報を非表示

総合図-書庫棟 研究用図書
324.04||MAT 11600010893

9784792326135
法資
324.04||MAT 11600006891

9784792326135

書誌詳細を非表示

内容注記 不招請勧誘と消費者の保護 / 後藤巻則著
白紙委任状の濫用と一〇九条責任 : 判例理論の再検討 / 池田清治著
時効の援用と信義則ないし権利濫用 : 時効完成前の事情による場合 / 松久三四彦著
差止請求権制度の機能・体系的位置について : 近時の民法改正提案を契機とする若干の考察 / 根本尚徳著
区分所有法旧六条の形成過程 : 区分所有法七条の先取特権のあり方を見直すための準備の一環として / 大山和寿著
損害賠償、解除、そして帰責事由 / 遠山純弘著
民法四一五条に取り込まれた履行拒絶 : 明治民法典先史における履行拒絶規定の生成と解消 / 谷本陽一著
民法四三八条再考 / 福田誠治著
Favor contractusのヴァリエーション : CISGと債権法改正論議の比較を通じて / 曽野裕夫著
複合契約中の契約の消滅の判断枠組に関する序論的考察 : フランスにおけるコーズの主観化に関する判例の分析を中心に : 複合契約論考・その一 / 都筑満雄著
不当利得における価値賠償の算定基準時 / 藤原正則著
獣医師の医療過誤と法 : ドイツの事例 / 浦川道太郎著
不法行為法における「傷つきやすい被害者」 : 被害者の脆弱性の心因的素因としての斟酌について / 城内明著
意思形成過程における不法行為法上の行為義務についての序論的考察 : 損害賠償法と法律行為法・その2 / 内山敏和著
プライバシー権の保護法理の統一について : カロリーヌ判決を契機として / 須加憲子著
フランス民事責任法における「純粋環境損害(préjudice écologique pur)」の概念について / 小野寺倫子著
「相当程度の可能性」論に関する一考察 : ドイツの学説を中心として / 林誠司著
法人の不法行為責任に関する序章的考察 : 法人の義務主体性の正当化の検討を中心に / 前田太朗著
「事業執行性」の展開と使用者責任の多元性 / 瀬川信久著
一般注記 その他の編集委員: 藤原正則, 須加憲子, 池田清治
藤岡康宏先生・略歴: p583-584
藤岡康宏先生・主要業績目録: p584-591
著者標目 松久, 三四彦(1952-) <マツヒサ, ミヨヒコ>
藤原, 正則(1954-) <フジワラ, マサノリ>
須加, 憲子 <スカ, ノリコ>
池田, 清治(1961-) <イケダ, セイジ>
件 名 BSH:藤岡, 康宏
BSH:民法
分 類 NDC8:324.04
NDC9:324.04
巻冊次 ISBN:9784792326135 ; PRICE:12000円+税