このページのURL

この文献を取り寄せる

<図書>
薔薇の香り : ドイツ文学の経験 / 小松原千里著
バラ ノ カオリ ドイツ ブンガク ノ ケイケン

出版者 東京 : 同学社
出版年 1996.12
大きさ 354p ; 21cm
本文言語 日本語
書誌ID 2004278381
NCID BB12220479 WCLINK

所蔵情報を非表示

総合図-書庫棟 研究用図書
940.4||KOM 10301835459



書誌詳細を非表示

内容注記 ゲーテにおける牧歌的世界 : 『アレクシスとドーラ』をめぐって
『ヘルマンとドロテーア』 : Nationとの関連のもとに
『水晶』 : 一つの放浪
『マルテの手記』(1) : フランシス・ジャムとの関連から
『選ばれし人』を読む : ヨーロッパ的人間像
トラークルの詩『冬の夕べ』
『マルテの手記』(2) : ボードレールの主題の中のリルケ
『ある手紙』 : 内なるランボー
『マルテの手記』(3) : 幼時追想
リルケ・オルフォイス的空間について
著者標目 小松原, 千里(1933-) <コマツバラ, チサト>