CiNiiで詳細を確認

このページのURL

この文献を取り寄せる

<図書>
刑罰はなぜ必要か : 最終弁論 / ヴィンフリート・ハッセマー著 ; 大杉一之 [ほか] 訳
ケイバツ ワ ナゼ ヒツヨウ カ : サイシュウ ベンロン
(日本比較法研究所翻訳叢書 ; 63)

出版者 八王子 : 中央大学出版部
出版年 2012.12
大きさ v, 275p ; 22cm
本文言語 日本語
書誌ID 2004303145
NCID BB11168715 WCLINK

所蔵情報を非表示

総合図-A棟3階 学習用図書
326.01||HAS 10301885405

9784805703649

書誌詳細を非表示

別書名 原タイトル:Warum Strafe sein muss : ein Plädoyer
一般注記 その他の訳者: 鈴木彰雄, 関根徹, 高橋直哉, 只木誠, 原口伸夫, 曲田統
原著 (Ullstein Buchverlage GmbH, 2009) の翻訳 (索引除く)
監訳: 堀内捷三
参考法・条文: p233-275
文献あり
著者標目 Hassemer, Winfried, 1940-
大杉, 一之 <オオスギ, カズユキ>
鈴木, 彰雄 <スズキ, アキオ>
関根, 徹 <セキネ, ツヨシ>
高橋, 直哉 <タカハシ, ナオヤ>
只木, 誠(1956-) <タダキ, マコト>
原口, 伸夫 <ハラグチ, ノブオ>
曲田, 統 <マガタ, オサム>
堀内, 捷三(1942-) <ホリウチ, ショウゾウ>
件 名 BSH:刑法
BSH:刑罰
NDLSH:刑法理論
分 類 NDC9:326.01
巻冊次 ISBN:9784805703649 ; PRICE:3400円 (税別)