CiNiiで詳細を確認

このページのURL

この文献を取り寄せる

<図書>
兵士というもの : ドイツ兵捕虜盗聴記録に見る戦争の心理 / ゼンケ・ナイツェル, ハラルト・ヴェルツァー [著] ; 小野寺拓也訳
ヘイシ ト イウ モノ : ドイツヘイ ホリョ トウチョウ キロク ニ ミル センソウ ノ シンリ

出版者 東京 : みすず書房
出版年 2018.4
大きさ 413, 54p ; 22cm
本文言語 日本語
書誌ID 2004448145
NCID BB25956164 WCLINK

所蔵情報を非表示

総合図-A棟3階 学習用図書
234.074||NEI 10302259188

9784622086796

書誌詳細を非表示

別書名 原タイトル:Soldaten : Protokole vom Kämpfen, Töten und Sterben
一般注記 原著(S. Fischer, 2011)の翻訳
文献: 巻末p7-14
著者標目 *Neitzel, Sönke
Welzer, Harald
小野寺, 拓也(1975-) <オノデラ, タクヤ>
件 名 BSH:ドイツ-歴史-ナチス時代(1933〜1945)
BSH:世界大戦(第二次)
BSH:軍事心理学
分 類 NDC8:234.074
NDC9:234.074
NDC10:234.074
巻冊次 ISBN:9784622086796 ; PRICE:5800円+税