CiNiiで詳細を確認

このページのURL

この文献を取り寄せる

<図書>
中世の禅宗と日元交流 / 康昊著
チュウセイ ノ ゼンシュウ ト ニチゲン コウリュウ

出版者 東京 : 吉川弘文館
出版年 2021.5
大きさ 6, 217, 9p : 挿図 ; 22cm
本文言語 日本語
書誌ID 2004518970
NCID BC06591779 WCLINK

所蔵情報を非表示

総合図-A棟5階 研究用図書
188.8||KO 10302414502

9784642029704

書誌詳細を非表示

内容注記 十四世紀の宗教史と中世禅宗史の課題
『元亨釈書』の歴史構想における顕密仏教と禅宗
中国の台禅論争と虎関師錬
南北朝期における幕府の鎮魂仏事と五山禅林
五山禅林への袈裟下賜と室町殿
東福寺円爾の伝法衣と中世禅宗の法脈意識
十四世紀の五山禅林と大元ウルス時代の江南禅宗文化圏
一般注記 令和2年(2020)4月に大阪大学から博士(文学)の学位を授与された論文「日元交流期の禅宗と室町幕府」を再構成したもの
あとがきに「本書の刊行は、上海市浦江人才計画プログラム(2020PJC091)の助成を受けている」とあり
著者標目 康, 昊(1989-) <kang, hao>
件 名 BSH:禅宗 -- 歴史  この組合せで検索
BSH:日本 -- 歴史 -- 中世  この組合せで検索
NDLSH:禅宗 -- 日本 -- 歴史 -- 中世  この組合せで検索
NDLSH:日本 -- 外国関係 -- 中国 -- 歴史 -- 中世  この組合せで検索
分 類 NDC9:188.82
NDC10:188.82
NDLC:HM175
巻冊次 ISBN:9784642029704 ; PRICE:8000円+税